(お役立ちメニュー)ホクロ治療は皮膚へのくりぬき法とQスイッチレーザー

ほくろのくりぬき法は傷が深くなることもあり、完治するまでに時間がかかってしまい傷がへこんでしまうなどといったことが起こることがあります。
小さめのほくろに効果があり、大きなホクロに対してはまた別の施術を施す必要があるのです。
皮膚をくり貫くこととなるくりぬき法と呼ばれている治療法が今では人気急上昇中です。
ほくろの組織自体を綺麗に除去する施術ですので再発をしてしまう可能性もほぼ無いのです。

 

比較的新しいタイプのレーザー治療がQスイッチレーザーで、ほくろに有効的な治療法の一つとして確立しています。
ホクロに対してのみ効果があり、周囲の正常細胞に悪影響を与えることは一切ありません。


麻布十番 賃貸マンション
URL:http://www.at-residence.co.jp/area/minatoku/azabujuban/


(お役立ちメニュー)ホクロ治療は皮膚へのくりぬき法とQスイッチレーザーブログ:18/9/26

減量で失敗してしまう人には、一つのパターンがあります。
それは完璧に何でもこなそうとする傾向です。

「減量中は連日体操する」とか
「減量している間はおやつを食べてはならない」と
あまりにも厳しく自分を律してしまうわけです。

一見、素晴らしい心構えだと思いますが
このようにあまりにも自分を追い込んでしまう人は、
あきらめも早いんですよね。

たった一度でも、自分が決めた減量のルールを破ってしまうと
「もうおいらはダメだ」という風に思ってしまいがち…
せっかく今まで頑張ってきた減量も、
ちょっとしたミスによって、すべてが意味がないように錯覚してしまうんです。

連日、自分に課したルールを厳格に守るという発想は、
24時間とか、ごくごく短期間で区切るからいけないのかもしれませんね?

ですから、減量のやり方について、
7日間ぐらいの少し長めのスパンで区切って、
見つめなおしてみたらどうでしょうか?

7日間ぐらいで減量の反省をすれば、
減量の成功失敗の見え方も変わってくるはずです。

24時間単位でみると、
夕方食を食べ過ぎただけで、失敗に見えてしまいます。

ところが何日かまとめて区切った場合、
24時間ダイエットにとってよくないことをしたとしても、
ほかの日でリカバリーしていれば問題はありませんよね?

決めた期間の中で減量にとって
プラスになることマイナスになることを総合的に計算をしてみて、
結果プラスになっていれば、
減量は前進しているという結論になります。
こうして考えていくと、減量中でも息抜きをしやすくなりませんか?

「緩急をつける」
これが減量の基本だと、おいらは思います。