(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療

「ストリッピング手術」が今まで弁が壊れた静脈を手術によって引き抜く治療法として主流だったのです。
しかし1?2週間の入院が必要になったり、傷跡が残ることもあり患者の負担も高いという欠点があったのです。
足の静脈の血液が本来とは逆の方向に逆流してしまうのを防ぐ弁が機能不全に陥ってしまうことを静脈瘤と呼ばれています。
静脈内に血液がどんどんと溜まってしまうことによって発症することになります。

 

レーザーを使った静脈瘤の治療法が最近急速に普及してきています。
局所麻酔のみで皮膚を切ることなく施術することができ、レーザー治療でしたら痛みや傷跡がほとんど残らないので安心です。



(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療ブログ:19/2/18

スーパーに行くと、いろいろな種類のお酢が並んでいますよね。
以前は、酢の物やドレッシングなどでしか摂取しなかったお酢ですが、
今やいろんな場面で活躍しています。

中でも、黒酢が健康に良いとされて注目を集めています。
減量にも効果的だということで、
黒酢減量という減量法もあります。

もちろん、黒酢を飲んだだけで
痩せたり、体質の脂肪が減ったりする訳ではありませんので、
本格的に減量するなら、
運動や食べる事改善も必要ですが、
黒酢は、やせやすい体質を作るのに効果的だとされています。

さらに、健康に良い食品ですので、
健康的に減量するには適していると言えるでしょう。

なぜ黒酢が減量に良いのか?というと…
それは、黒酢の成分に秘密があります。

まず、お酢を口にしたときの酸味成分である酢酸ですが、
酢酸は体質の中に取り込まれると、クエン酸に変化します。

クエン酸には
「クエン酸サイクル」と呼ばれる機能があります。

簡単に言えば、
体質の中に取り込まれたカロリーを
効率良くエネルギーに変換する働きです。

その際、脂肪をエネルギー源として燃焼する循環がされますので、
やせやすくなるというわけです。

さらに、アミノ酸は脂肪の合成を抑える働きがあります。
黒酢にはアミノ酸が通常の米酢の何倍も含まれていますから、
特に減量効果が期待できると言えます。

やせやすい体質を作ってくれる黒酢減量ですが、
その方法は、単純に黒酢を日々飲めば良いだけです。

ストレートではむせてしまうので、
100パーセントのりんごジュースで割ったり、
お湯にハチミツを溶かしたところに入れたりするのが、
俺のお勧めです。