(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療

「ストリッピング手術」が今まで弁が壊れた静脈を手術によって引き抜く治療法として主流だったのです。
しかし1?2週間の入院が必要になったり、傷跡が残ることもあり患者の負担も高いという欠点があったのです。
足の静脈の血液が本来とは逆の方向に逆流してしまうのを防ぐ弁が機能不全に陥ってしまうことを静脈瘤と呼ばれています。
静脈内に血液がどんどんと溜まってしまうことによって発症することになります。

 

レーザーを使った静脈瘤の治療法が最近急速に普及してきています。
局所麻酔のみで皮膚を切ることなく施術することができ、レーザー治療でしたら痛みや傷跡がほとんど残らないので安心です。



(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療ブログ:19/6/14

シェイプアップに成功している人の話を聞くと、ほぼ全員の人が
「自分で決めた方法を毎日淡々とやった」
と言っています。

この「方法」の部分は、千差万別でバラバラです。
ひたすら踏み台昇降をやった人もいれば、
エアロビクスをやった人もいるし、
茶碗を小さくしてご飯の量を半分にした人もいれば、
食事前に必ず玄米コーヒーを飲んで痩せた人もいます。

人それぞれ、シェイプアップ方法は異なるわけですね。
でも、共通しているのは
「選択した方法に疑いをもたず、毎日淡々とやる」
ということです。

ただし、誤解してはいけないのは
「方法に固執はしない」「自分を責めない」
ということです。

一ヶ月・ふた月と続けてみて
体重が減らなかったり、
続けるのがストレスになってしまったり、
体質に合わないと思ったら、そこでやめて他の方法に切り替えます。

ただ、それは単に「自分に合わなかった」というだけですから
それで「自分は忍耐力が無い」とか自分を責めて、
シェイプアップそのものをやめる必要は無いのです。
別の方法を探せばいいだけです。

また、方法を一度決めると
「シェイプアップのことは忘れて他のことに気を向ける」
という人の方が、むしろ成功しているように見えます。

ずーっとシェイプアップの事ばかり考えていると、
どうしても短期的な成果を求めがち…

短期的には体重なんて増減を繰り返しますから、
それに一喜一憂していては気持ちが持ちません。

だから一度方法を決めたら、
しばらくの間はそれをひたすら淡々とやるだけで、
あとはシェイプアップのことなんて忘れてしまう位の人の方が
シェイプアップに成功しているようです。